HOME>レポート>高齢者の安全を考えた家にする【手すりの取り付けで事故防止】

高齢者の安全を考えた家にする【手すりの取り付けで事故防止】

女性

手すりを取り付けるメリット

人間は何年も生きていると年齢とともに足腰が弱ってしまったり、判断力がにぶったりすることがあり少しのことで怪我につながるおそれがあります。住宅にあらかじめ手すりがあれば高齢者でも安心して暮らすことができますから、もしも階段や廊下にない場合には業者に取り付けを依頼するとよいでしょう。手すりがあることで、玄関で靴を脱いだり履いたりすることがスムーズになったり、トイレやお風呂での動作が安全に行うことが可能になります。また、階段を上がる時に安全に行動することができますから、立ちくらみなどかあっても転倒を防ぐことが可能です。手すりの種類は沢山ありますから、自宅の雰囲気にぴったりな形状のものをチョイスすることができますし、長さや高さもプロが行えばぴったりに取り付けることができます。

手摺

取り付け業者を探して依頼しよう

一般に内装業者であれば自宅にぴったりの手すりをオーダーして、クライアントの都合に合わせて取り付けをすることが可能です。また、腕のよい大工であれば材料があればすぐに手すりを作製してくれますので、急な要望でも受注可能です。また、既存の手すりがホームセンターなどで販売されていますから、取り付けだけを依頼することもできます。これらの作業の依頼は、街の内装業者を探してもよいですし、インターネットでお気に入りの内装業者を選ぶこともできますので、連絡をして予約をすると安心です。手すりを取り付ける場所は室内が多いので天候に左右されることはありませんが、スムーズに作業が進むように雨の日などは避けるとよいでしょう。